【DMEDH】統率者がめちゃめちゃ流行ってる話+カーリーガネージャーデッキ紹介

みなさん、こんにちは。

マキコです。

 

統率者戦が今、つくばでアツい!って感じです。

 

これは日曜日に撮った写真なのですが・・・

f:id:makicomdm:20170613190109j:plain

 

まあ1卓立ってますね。

 

あ、本筋とそれますが、手前側に写っているサイクロペディア統率(青単アクアーミー)はズンドコに貸出デッキとして、常連の方が置いておいてくれています!

統率者戦をやってみたいけど、デッキがない!という方はぜひズンドコのデュエルスペースで周囲のDMPに声をかけてみてください!

 

ちなみに、アクアーミーが展開されるとかなりえぐい動きになっていて面白いデッキです。

 

f:id:makicomdm:20170613190821j:plain

躍動するアクアーミー。序盤・中盤・終盤スキがない。

 

さて、話を本筋に戻します。

最初の写真では、統率者戦(4人対戦)で1卓立っていました。

 

 

 

同じころとなりの机では・・・

 

 

 

 

 

f:id:makicomdm:20170613190119j:plain

プレイヤーの顔が映らないようにしたので、見えにくいかもしれませんが、何と2卓立っています!

 

同時刻に4人対戦が計3卓立っているということです。

すなわち、12人ものプレイヤーが日曜午後に統率者戦に興じていたのです!!

一大ブーム来てますね、これ。

 

いま、つくばで統率者戦がアツい!!!

 

 

さて、流行ってきているところで、デッキ紹介をしたいと思います。

 

カーリーガネージャーデッキ「私の城はバルザーク」

f:id:makicomdm:20170613193554j:plain

 

よく使われている統率者ですが、お気に入りのデッキです。

特徴的な構築ではありませんが、これから始めようかな、という方にはオススメなので、紹介します。

 

オススメな理由としては、以下の2点が挙げられます。

アグレッシブに動くデッキなので、何もせず終わってしまうことがほとんどない。

他のデッキにはあまり積まれない1コスト、2コストのカードが採用されていることで、4人の中でたいてい最初に動くことができます。3ターン目、4ターン目から殴っていくことを目指していますので、1人狙いされて何もできずに終わってしまうことは少ないです。

 

4人の駆け引きを能動的にゆさぶれる。

先ほど述べたように、まず動くデッキですので、序盤はヘイトが集まります。

しかしながら、例えば私が1人だけを狙っていたら、他のプレイヤーはどう思うでしょうか。

「あいつ(私が狙っている人)いなくなるのは助かるから、好きにさせてあげて、ここは自分の動きをしよう。」と思ってくれるかもしれません。

あるいは、

「あいつ(私が狙っている人)がいたら絶対に勝てないから、ここは援護しよう」と思ってくれるかもしれません。

統率者をよく観察し、相手の心理につけこんでプレイができる。

 

おお、シビれますね。

 

ただ、1人を狙って強い動きばかりしていては、力をためていた他のプレイヤーに瞬殺されてしまいます。

 

ここもまた面白い

 

動きに緩急をつけることでヘイト管理を行ったり、最後まで勝ち残るためのプランを考えたりすることが必要になります。

 

このように、このデッキは統率者戦の醍醐味ともいうべき4人対戦での駆け引きを楽しむのに最も適したデッキの1つであると私は考えています。

 

 

 

では、カードの紹介です。

(多少細かくなってしまうので、必要ないと思ったものは削除しましたが、まだ細かいので、テキトーに読み飛ばしていただいてかまいません。)

 

1コスト

f:id:makicomdm:20170613193848j:plain

はっきり言って、ガネージャーの進化元です。

マナが伸びてから、進化速攻することも多いです。

こいつらで序盤に殴りに行っても、トリガーを踏んでしまって、

後が続かないこともあるので、あまり多すぎても・・・という感じで、2枚採用。

 

2コスト

f:id:makicomdm:20170613194826j:plain

クリーチャーは基本的にはガネージャーの進化元として使います。

スタートダッシュと進化軽減はフル投入で4。

その他は、終盤まで腐りにくいカードを中心的に構成しています。

ニンプウタイフーンはエビデゴラス龍解と事故防止。

 

3コスト

f:id:makicomdm:20170613193913j:plain

こちらも基本的にはガネージャーの進化元にもなるクリーチャーとして採用。

アントワネットは場持ちの良い進化元として採用しています。

シュタタは終盤において、スピードアタッカーを手札にためていくプレイングのため、採用。

ゴーゴージゴッチは、多くはないが少なくもないドラゴンを持ってくるためのカードで、今のところ外していません。ハンデスが多い環境では、永遠のリュウセイカイザーをサーチしたくてしたくてしょうがありません。

 

4コスト

f:id:makicomdm:20170613193922j:plain

スタートダッシュや進化軽減が展開できている時以外は、4ターン目にガネージャーを降臨させたいので、あまり多くは入っていません。

基本的に、スピードアタッカーを多めに、終盤まで使えるカードを多く入れてあります。

 

5コスト

f:id:makicomdm:20170613194113j:plain

5コストにはこのデッキの切り札級のカードが多くあります。

特にデッキ名にもなっているバルザークは

ガネージャーに進化できなかった悲しみを背負った軽量クリーチャーたちをたちまちムキムキにしてくれます。

ムキムキクリーチャーを見ると、苦しいこと、悲しいことを糧に進んでいけ!と励まされる気持ちになります(なりません)。

 

重量級の打点増加も普段のデュエマであれば、腐ってしまうことも多いですが、盾の多い統率者戦ではその真価を発揮してくれること間違いなしです。

 

ちなみに、クローチェフォーコはタダで出せるガネージャーの進化元です。

 

6コスト

f:id:makicomdm:20170613194122j:plain

見切れているトンギヌスの槍はとても器用なカードで、

他のプレイヤーのフォローに使ったりすることもあります。

バトリベンジは超次元呪文が多い環境なので採用しています。

また、バイケンはハンデスが多い環境なので採用しています。

 

7コスト以上

f:id:makicomdm:20170613194134j:plain

最後の一押しのカードです。

永遠リュウは序盤のハンデスででれば一気にゲーム展開を早めることができます。(ヘイトはハンパないです。)

トリプルクロスとカタストロフィからは、ブロッカ―を絶対に許さない気持ちがあふれ出ていますね。

 

このデッキは最初に述べたように、

アグレッシブに、ヘイトを管理しながら動いていくデッキとして構築しました。(もちろん、全て自力で組んだのではなく、たくさんのデータを参考にして作っています。)

その分、ヘイト管理がやはり難しく、なかなか勝ちにくい状況も生まれてしまいます。

しかし、ハマった時の爆発力・デッキパワーはとても高く、

何よりも楽しいデッキであると、オススメできます。

 

 

文章・デッキ内容ともに拙い紹介になってしまいましたが、最後まで見て下さった方、ありがとうございました。

まだまだ初心者ですので、至らない点等ご指摘ください。

ご質問等もお気軽にどうぞ。

 

統率者戦はとても楽しいです!!

 

うんこの暇つぶしにでもなれば、幸いです。

 

 

【1000円デッキ】デュエルマスターズ1000円デッキ構築計画 第2話「構築計画① 後編~哀しみのカーリ・ガネージャー~」【通常構築】

~前回までのあらすじ~

1000円でデッキを組むことを心に決めたマキコは、オリパをもとに構築を練ることにした。

光文明を軸としたデッキを構築するために、表面パーフェクトギャラクシー、裏面ロッキンスターのオリパを選択したマキコだったが・・・

f:id:makicomdm:20170605151928j:plainf:id:makicomdm:20170605151951j:plain

 

マキコを待ち受けていたのは、無慈悲な多色カードの束であった。

f:id:makicomdm:20170605152923j:plain

(あらすじ終わり)

 

 

【実践続き】

容赦ないファッ〇ンオリパに予定を台無しにされ(99%自分が悪い)、気が立っていましたが、何とかデッキを完成させなければなりません。

多色しかない上に、私が使いこなせそうなカードもあまり、ありませんが。

 

ただ、予定は狂ったものの、パーフェクトギャラクシーは使ってみたい。

ないものを数えるなってどっかの魚人も言ってただろう?

 

そこで、光文明を含む使えそうなカードをさがしてみました。

一番ほしいのはsトリガーですね。

 

 

無駄に数がでたこいつらを使ってみましょう。

f:id:makicomdm:20170605214459j:plain

 

sトリガーでブロッカー。どちらも相手プレイヤーを殴ることが可能。悪くない(良いとは言っていない)。

 

水文明を入れると、3枚出たこの方も入れたくなります。

f:id:makicomdm:20170605215048j:plain

ガネージャーは統率者としても使っているので、少し思い入れのあるカードです。

 

ここでコンセプトが決まりました。

光・水・火の

「盾つええ!ビートでつええ!ハンドが減らねぇ!シメのパーギャラぇ!」デッキです。

殴られても盾が強くて、

速攻で倒せない相手もパーフェクトギャラクシーやロッキンスターで制圧していく・・・ゴクリ・・・強そうだ。

 

そうして、数あるストレージを漁ることで完成したのがこのデッキ(ガチャログ様のページに飛びます)。

 

f:id:makicomdm:20170605220902j:plain

素直な感想としては、ストレージを漁って、あるカードだけで組むのって本当に大変ですね。

ストレージからは20円×20枚回収させていただきました。

 

 

では実戦に移りましょう。デュエルスペースにいた友人たちに声をかけ…

 

赤単ガトリング 後攻× 4ターンキル

青緑サソリス 後攻× 殴られて負け

 

よええええええ!弱すぎるよ!姉さん!(私に姉はいない。)

 

だれだ、盾がつええっていったの?!

sトリガー出るけど、何も解決にならんし、サソリスに至ってはヤドックに対して何も出来ねえ。

そもそもアクアハルカス立てているターンが弱すぎる。

 

多々ある中で一番の反省点:3ターン目クリーチャー→4ターン目ガネージャーではやはり遅い。ビートのくせに何にも間に合わない。

 

そのことにズンドコを出たしばらく後、何なら夕食後に気づいた私は(遅い)、家から近いワンダーグーつくば店へと向かいました。ストレージのカードは30円とズンドコより少し高いですが仕方ありません。

 

目指すのは、2ターン目コスト軽減クリーチャー→3ターン目ガネージャーの動きです。

 

2コストのコスト軽減クリーチャーを探します。

 

・・・ぜんぜんねぇ!!!

 

家には腐るほどあるトップギアやマイパッド、アクアエボリューターもこのルールでは使うことができません。

何とかストレージから漁ったのは、

f:id:makicomdm:20170605221804j:plain

 

 

この方々。

 

アクロパッド君は、ストレージにこの子しかいなかったからいれているだけですが、ガネージャーのみならず、パーフェクト・ギャラクシーとロッキンスターのコストを下げてくれるので、多色であるデメリットは大きいでしょうが、中盤まで有効なカードになると考えます。

 

 

そんなこんなで完成したのがこのデッキ。

f:id:makicomdm:20170605222312j:plain

 

まだ実戦で使っていないので、来週のデュエマフェスはこれで出て見ようと思います。結果はお楽しみに。

ガネージャーをサーチしてくるためのクラゲンなどもストレージから回収しているので、いくらか調整は加わると思います。

 

【お会計】

ズンドコオリパ 300円

ズンドコストレージ 20円×20枚(調整パーツ含む)=400円

ワングーストレージ 30円×7枚=210円

 

計 910円

(余っている90円は4枚目のカーリ・ガネージャーを買う用)

 

 

今回は、私のデッキ構築の甘さとカードへの理解不足が露呈した取り組みになったと思います。今後、自身のスキルアップも目指しながら、1000円で楽しめるデッキ(1000円も、決してはした金ではないですが)の構築を試みてみたいと思います。

 

読んで下さった方、ありがとうございました。

うんこ中のひまつぶしにでもなれば、幸いです。

 

第2話 ー完ー

【新企画】デュエルマスターズ1000円デッキ構築計画 第1話 「構築計画① 前編~裏切りのパーフェクト・ギャラクシー~」【通常構築】

どうも。マキコです。

先日は初めて統率者戦ペンタゴンで遊びました。

f:id:makicomdm:20170605150225j:plain

とても楽しかったです。

 

 

さて、新企画として「1000円デッキ構築計画」を策定します。

(こちらは、統率者デッキではなく、通常構築のデッキになります)

 

【導入 なぜ1000円デッキか】

私はいろんな人とデュエマを楽しみたいし、デュエマは楽しめるだけのコンテンツであると考えています。

しかし、どうしても自分のデッキを組むとなるとお金がかかります。

環境デッキを組むには10000円くらいは少なくともかかるでしょう。

 

その点を解消するものとして、スタートデッキがあります。これは非常によくできたデッキで、1000円で買うことができます。また、コロコロコミックに付録がつくこともあります。

以前、5cバスターをコロコロ付録ジョーカーズでボコボコにしたこともあります。

ただ、この場合も、プレイがワンパターンになってしまったり、他の友人も同じものをもっていたりして、感覚的な「俺のデッキ」感はなかなか得られません。

(もちろん、スタートデッキは毎年、何種類か出ていますし、毎回同じことをできて強いデッキはデッキらしいともいえます。)

コロコロ付録ジョーカーズデッキでは、5cバスターに先行ブーストされたら負けていましたし、sトリガーを踏んでもすぐ負けていました。

 

そこで、スタートデッキと同じ1000円で、「俺のデッキ」感を持たせてくれる、強いデッキは作れないか、と思い、この企画をスタートさせました。

 

【ルール】

ルールは以下のように定めます。

・1000円まで使って良い。

 この企画の核。

・通常構築の殿堂フォーマットに従う。

 特にいうことはありません。

・自分の足でカードを集める。

 ここが一つ大切にしたいポイント。ネット等でカードを買えば、より安く集めることができるかもしれないですが、①子ども達にはなかなかそれはできないこと、②実際のカードにふれながらデッキを組みたいこと、③送料を含んで1000円以内は難しいことを踏まえて、自分が店に行って買うことをルールにしました。②の点は、例えば「当たったカードを使ってみたい!」、「実際に見て、インスピレーションを感じたこのカードを使ってみたい」というような気持ちを大切にしたいという思いと深く関連しています。③の点は、送料を無視して、買ったカードの値段だけを提示することを避けることも1つのねらいとしています。

 

【実践】

まずは近場の店から攻めましょう。

 

行きつけのファンキー駄菓子屋ズンドコ商店つくば店へと赴きました。

f:id:makicomdm:20170605151300j:plain

ズンドコ商店つくば店。裏にあるDTステージ(通称:童貞ステージ)は余りにも有名。

 

ズンドコは、駄菓子屋でありながら、トレカ等も売っている実にファンキーなお店で、デュエルスペースもなかなか広く、居心地も良いです。

 

ところで、ズンドコには1000円デッキにうれしい、オリパが売っています。

300円で100枚程度のカードが手に入のは実に助かります。

表面、裏面だけカードが見えているので、選ぶ時参考にします。以前にも買ったことがあるのですが、その時は、中に入っているカードが、見えているカードの文明と同じでした。これも助かります。

 

さて、いくつかのオリパの中で、私が選んだのはこのセット。(値段がシールで隠れていますが、税込300円です。)

f:id:makicomdm:20170605151928j:plainf:id:makicomdm:20170605151951j:plain

 

光文明は、スパーク系の強力なトリガー呪文や、優秀なブロッカー、高パワーのクリーチャーを持っており、長期戦において非常に強い文明だと考えられます。

また、写真左側のパーフェクト・ギャラクシーはなかなかに強力なフィニッシャーで、「俺のデッキ」の「切り札」として申し分ない性能であると考えました。さらに、写真左側のロッキンスターも使われることはあまりないですが、革命2の能力とターン終わりのアンタップも使い勝手が良いと思いました。

 

このオリパを軸に、中・長期的に戦うデッキを組もうと思います。

 

まあ、とりあえず、オリパを開けてみて、どんなデッキにするか考えましょう。

(この時点まで、私はこのオリパから光文明のカードしか出ないと思っています。)

 

 

 

 

ペリペリ・・・

 

 

 

 

 

 

 

f:id:makicomdm:20170605152736j:plain

 

・・・・・ん?

 

 

 

 

 

 

f:id:makicomdm:20170605152923j:plain

 

ぎゃあああああああああああ

 

第1話 ―完―

 

(第2話につづく)

 

DMEDHが楽しい話。

本日、6月1日からデュエルマスターズに関するブログを開始します。

 

特に優れた成績を収めているわけではありませんが、楽しくやっていけたら、と思います。

 

最近つくばではDMEDHがはやり始めています。(DM:Akashic Record様のルールに則ってやっています。)

 

と言っても、まだ数人の身内と遊んでいるだけですが。

私は、新参者ながら、もっと広がっていったらいいな、と思います。

 

特に私が気に入っている点は、4人対戦である点とハイランダー構築である点です。

4人対戦であるのは、私が昔ハマっていた中国の古い遊びの日本版と近しいものを感じます。他の3人とのハラの探り合いにはたまらないものがあります。

また、まだひと様の構築(特にDM:Akashic Record様で紹介されていたガーディアンデッキはお気に入り)をパクッて遊んでいるに過ぎないのですが、ハイランダーはやはりシビれます。毎回、自分のデッキの新たな顔が見られる点、あらゆる状況に対応できる点、様々なロマンを搭載できる点は通常環境ではなかなか難しいところでしょう。

 

これからは、ゲームの布教と新たなデッキ構築にいそしんでいきたいと思っています。

また、店舗予選が近づいてきたら、その話も拙いながらしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

読んでくださったかた、ありがとうございました。